データのまとめ方で仕事の時短を目指してみよう

データのバックアップも重要

もしデータが消えたらどんなことが起こるか

端的にいうと会社の重要なデータが消えてしまった場合、重大な損害が出てしまいます。
例えば相手からもらった書類や重要な案件、これからの実験についてのデータ、取引先での契約書などがなくなってしまった場合、様々な問題が生じてしまいます。
もちろん商談する相手との信頼関係の沽券にも関わりますし、これからの作業を復旧して行くための膨大な時間ロスになってしまい仕事ができなくなります。
そうなれば自分のしてしまったことは大きいのでかなりの責任重大を背負わされます。
そのためにもバックアップは重要だということをしっかりと把握して行きましょう。
その危機回避方法はいくつかありますが大事なデータは一箇所に留めるだけではなく、複数の場所にも配置しましょう。

データの管理

複数の場所に置いたら例えばそのフォルダだけ誤って消去しても、ほかの場所に保存していたデータがあるため免れるというようなケースが沢山あります。
なので大事な書類はその場所に保存するだけでなく、ほかの場所にもバックアップをしておき、そのデータを毎日チェックするのが一番いい方法であると思われます。
例えそのデータに何も更新することがなくても、一日に一回は開いて確認してみましょう。
またこの行為をすることで、あなたがどのファイルをどこに保存したのかより把握しやすくなり、毎日行うことでどんな内容だったのかを少しは覚えられることができ、少しでも異変があったらすぐに気づくことができるでしょう。
こうすることでデータの管理を行うのと同時により業務内容でデータをまとめるための時間を縮めることができるため、とても便利です。


TOPへ戻る