データのまとめ方で仕事の時短を目指してみよう

業務時間に影響される

データをまとめる前に

あなたがもしPC作業でデータをまとめる様な仕事に携わってしまった時、どの様にデータをまとめていけばいいのか少し迷ってしまうこともたくさんあるかもしれません。
そんな時はまず自分でフォルダやファイルを作成する前にどの様な場所でデータを作成したらいいのか確認を取りましょう。
企業会社だと、とりあえずこのフォルダに保存しておこうと思って保存してしまうと、その場所は重要な案件の保管場所でしたということにもなりかねません。
そうなると自分にも大目玉をくらいますし、会社の人たちにも迷惑をかけてしまいますので保管する場所はしっかりと把握してから行いましょう。
データを保存するのは大切なことなので気をつけて、間違えない様にしましょう。

データをまとめるなら

一番簡単な方法でデータをまとめるとすればそれはフォルダ分けやファイル分けです。
フォルダやファイルに名前をつけ、その関連のファイルをそこにまとめてデータのセイルをするという方法が一番簡単で模範的なやり方になります。
多くの企業会社ではこれが一般的であり、より業務時間内にデータを探し当てる作業が時短になることが多いでしょう。
しかしファイルはフォルダと違って場所を取る上にデータの量の問題で探し出すのがより大変になってしまいがちです。
なので、重要なデータだけは電子データと紙だけという様に分けて、できるだけ紙の情報は少なくまとめておきましょう。
こうすることで片方のデータが破損してしまった場合の助けになるのでぜひとも推奨いたします。


TOPへ戻る